バドミントン部の方針


1 文武両道を目指した指導

 学業を疎かにする生徒は,バドミントン選手としても大成しないという考えから,「部活動で疲れた」や「時間が無い」を言い訳にせず,授業集中・短期集中で学業においても頑張るよう指導しております。例えば,週1回は積極的休養日を設けたり,朝勉強の指導をおこなったりしております。このような指導から,インターハイや中国大会に出場したり,国公立大学に進学したりする生徒が出てきています。

【過去5年間のバドミントン部卒業生の主な進路先】

広島国際大学,広島修道大学,広島女学院大学,安田女子大学,広島市消防,広島工業大学,愛媛大学,川崎医療福祉大学,文教女子大学,高知大学,立命館大学,山口大学,呉共済病院看護専門学校,東海大学,甲南大学,神戸学院大学,近畿大学,広島経済大学,福山市立大学,広島都市学園大学,日本赤十字広島看護大学


2 社会に出ても通用する生徒に

 時間厳守,校則遵守,挨拶,礼儀や言葉遣いなどの基本的なルールやマナーを身に付け,社会に出ても通用する選手に育てています。


3 常に目標達成に向けて

 安芸府中高校バドミントン部は平成24,25,26年における県総体で,全タイトル(学校対抗戦,個人戦シングルス,ダブルス)において優勝し,インターハイに出場するなど伝統あるチームです。
 その年その年で目標を掲げ,経験年数に関わらず,それを達成できるよう日々努力しております。


4 心技体をバランスよく鍛える

 バドミントンで必要とされる心技体をバランスよく鍛えられるように指導しています。例えば,本番で実力を発揮できるよう他校との合同練習や県外遠征,強化合宿を定期的に行ったり,科学的な理論に基づいた効果的なトレーニングを行ったりしています。

 これら1〜4の指導を通して,「自信と誇りを持ち困難に屈せぬ心(安芸府魂)」を育てています。




活動内容

〈平日〉 朝練・放課後
〈土日〉 半日練習,一日練習,合宿,遠征,合同練習
   

活動実績

(平成29年度大会実績)
 広島県高等学校総合体育大会 バドミントン競技 広島地区予選会
  男子シングルス  田尾     ベスト16
              田邊     ベスト16
  男子ダブルス   田尾・田邊  ベスト16

(平成28年度大会実績)
 広島県高等学校総合体育大会 バドミントン競技
  男子学校対抗戦          ベスト32
  女子学校対抗戦          ベスト16
  女子シングルス  杉本     ベスト32
  男子ダブルス   周藤・難波  ベスト16
  女子ダブルス   杉本・三宅  ベスト32

 広島県高等学校新人バドミントン大会
  男子学校対抗戦         ベスト32
  男子ダブルス   M田・原田  ベスト32

 広島県高等学校バドミントン1年生大会
  男子ダブルス    田邊・大橋 ベスト8
  男子シングルス  田尾     ベスト8
  女子シングルス  小西     ベスト32
              中村     ベスト32


☆ 中学生のみなさんへ

  私たち安芸府中高校バドミントン部は,バドミントンを通して自分を成長させることができる部活動です。高校生から始めた人も多いので,バドミントンに少しでも興味のある人,初心者や経験者を問わずぜひ安芸府中高校バドミントン部に見学・入部してみてください!一緒に頑張りましょう!!