姉妹校交流2016春

海外姉妹校メリノール派遣レポート


第5日目 3月7日(月)

 本日のスケジュールは,以下の通りでした。

7:45-9:10  プレゼンテーション(1回目)
9:35-10:55  プレゼンテーション(2回目)
11:15-12:35  校長先生・教頭先生との面会
12:35-13:20  昼食
13:25-14:45  プレゼンテーション(3回目)

 今日は,日本で用意してきたプレゼンテーションを3つの習熟度別に分かれた日本語のクラスで披露しました。派遣生10人が3つのグループに分かれ,それぞれ日本・広島・安芸府中高校についてスライドを用いて英語で紹介しました。プレゼンテーションをするときは聞き手にとって分かりやすく,興味深いものになるよう心掛けました。まず,1回目のプレゼンテーションでは,原稿を見ながら発表してしまうグループがあったものの,聞き手であるメリノールの生徒に助けられ,何とかプレゼンテーションを終えることができました。2回目のプレゼンテーションでは,相手を引きつけるために声の大きさや声色をどのように変化させるべきかを経験しながら学ぶことができました。

 3回目のプレゼンテーションの前に,校長先生と教頭先生にお会いすることができました。Carley教頭先生は呉に交換留学生として,そして教員としても滞在したことがあったため,呉出身の派遣生との会話に花が咲いていました。そして,校長先生から素敵なお土産をいただきました。たくさんのおもてなしに感謝してもしきれないほどです。

 教室に戻り,昼食を食べた後,本日最後のプレゼンテーションをしました。聞き手の目を見ながら発表できる生徒が増えてきました。明日もプレゼンテーションを披露します。アイコンタクト,声の大きさ,声色,表情などに気を付け,今日よりももっと良い発表ができるようがんばります。
 明日は,Martin総長を訪問する予定です。いろいろな機会を通じて,英語での会話に慣れてほしいと思います。

   
 「日本文化(ジェスチャー)についてのプレゼンテーション」
笑う時,なぜ手で口を隠すのかについて説明しているところです。
「安芸府中高校についてのプレゼンテーション」
学校行事や校訓などを紹介しました。
   
 「広島についてのプレゼンテーション」
クイズ形式でメリノール校の生徒に広島弁を覚えてもらいました。
 「3回目のプレゼンテーションの様子」
アイコンタクトや声の大きさ等の大切さを実践を通して学んでいます。
 
 メリノール校の先生方のおもてなしに,派遣生は感激しています。
(前列左から2番目がCaley教頭先生,3番目がKawamura校長先生,前列右から3番目がMichel教頭先生)