国際科の1年生が広大留学生との交流会を行いました


 11月19日(木)に,広島大学から平川先生と4名の海外留学生をお招きして,異文化交流会を行いました。
留学生の皆さんはそれぞれの出身の国についてプレゼンテーションをしてくださり,大変勉強になりました。
 
   
 ハカニさん(アフガニスタン)  スレイネットさん(カンボジア
   
ハオさん(ベトナム)   ジャクリーンさん(ルワンダ)

 また,生徒も日本の文化についてのポスターを作成し,英語で発表しました。
 留学生の皆さんは各グループに分かれて,1人1人の発表に耳を傾けてくださいました。
 発表は,実際に日本の伝統的なおもちゃの遊び方を紹介したり,最近人気の音楽グループを紹介してCDを聴いてもらったり,様々な内容を工夫して事前に準備していたものです。


生徒の感想

  • 英語で留学生と交流ができてうれしかったけれど,聞き取れないことや伝えきれないこともあったので,今後もっと英語を頑張りたいと思った。
  • 様々な国の文化を知ることができてとても楽しかった。留学生の先生たちの国をもっと自分で調べてみたいと思った。
  • 様々な国の人々ともっと交流したいと思った。国際交流の興味を深められたよい機会になった。
 英語は,様々な国の人々とコミュニケーションを取ることができる唯一の言語です。英語を通じて世界中の人たちとつながることができるからこそ,もっと英語の力を伸ばしていきたいものです。