メリノール姉妹校交流2015春

第8日目(3月11日)その1

 今日も,生徒たちは全員元気です。ホストファミリーとの生活も楽しんでいるようです。

 今朝は全校集会がありました。メリノール高校の集会では全員が1か所に整列するのではなく,中庭や二階・三階のベランダで先生の話を聞きます。アメリカ合衆国国旗に向かって,「忠誠の誓い」もします。(これは毎日あります。)集会では司会の先生や校長先生はマイクを使って中庭からお話をします。私たちは,今朝突然,自己紹介をするように言われ,みんな少し戸惑いました。しかし,落ち着いて英語でスピーチをすることができました。毎日英語漬けの生活を送るうち,だんだん英語を聞いたり,話したりすることに慣れてきたようです。一人ひとり紹介が終わる度に,メリノール高校の生徒や先生方が拍手や歓声で歓迎してくれました。また,集会後も挨拶をしてくれる生徒が増えました。

 午前中は,ミズムラ先生の日本語クラスの生徒と一緒にバスでホノルル動物園へ行きました。メリノールの生徒と安芸府の生徒が一緒になるようにいくつかのグループに別れて行動しました。メリノールの生徒は本校生徒に動物の日本語の名前と鳴き声などを質問し,レポートを作成し,提出するという宿題が課されていました。実践的な学習スタイルだと思います。その後,各グループで昼食を済ませ,バスで学校に戻りました。このようなフィールドトリップ(校外体験学習)は安芸府中高校の生徒にとっても良い機会となりました。

 昼食時にミズムラ先生から本校とメリノール高校の姉妹校の歴史についてお話を聞く機会がありました。15年以上前はお互いの要望や生活リズムが合わないことで,苦労もあったそうです。例えば,最初は安芸府中高校からはハワイへの訪問だけというふうに話が始まったこととか,メリノール高校の先生と生徒が安芸府中高校に来た時にクラブに生徒が参加していたので夜遅くまで学校に残ったことなどを話してくださいました。お互いの苦労と相互理解の努力により,今のような友好的な関係を築くことができたのだと思いました。今までの両校の先生方や参加生徒のおかげだと感謝しております。ちなみに多くの先生方から,本校の生徒は本当に良い生徒ですねとほめていただくことがよくあります。メリノールの生徒もそう言っているそうです。安芸府中高校の教員として誇らしく思いました。

 午後からは,生徒たちは各ホスト・スチューデントと一緒に授業を受けました。放課後は3年生たちがプロジェクト発表をするのを見学しました。金曜日には,このプレゼンテーションのベスト3に選ばれて生徒の発表を全校生徒と一緒に見学する予定です。

 今日はホストファミリーのご厚意でホエールウォッチングに連れて行ってもらった生徒もいます。また,家庭で地元のハワイ料理をご馳走してもらっている生徒や,夜遅くまで趣味のことなどをホストシスターと話して交流を深めている生徒もいます。生徒からの話を聞くと,それぞれホストファミリーとかなり打ち解けてきているように感じます。気づけば,もう1週間こちらで過ごしており,時の経つのが早いなあと思いました。明日は最後のプレゼンテーションです。今回で6回目となります。Good luck!

第8日目(3月11日)その2

 全校集会の様子です。あまりにも寒いので,メリノールの生徒もパーカーを着ているほどです。

   

 ホノルル動物園でのフィールドトリップの様子です。動物園見学の後,バスの出発時刻まで,ランチと周辺の散策を楽しみました。

   
   

 午後からは,生徒たちは各ホスト・スチューデントと一緒に授業を受けました。

   
 

 メリノール高校では全員入学前にノートパソコンを購入しなければなりません。毎時間ノートパソコンを持って授業教室に移動しています。プレゼンテーションも自分のノートパソコンを直接プロジェクターにつないで発表しています。校内はWiFiが使える環境になっています。