メリノール姉妹校交流2015春

第7日目(3月10日)

 全員,体調も良く,ホストファミリーと仲良く過ごしています。生活リズムにも慣れてきたようです。

 今朝はホワイト・ハウスへ行き,メリノール・スクールの会長Mr. Martinを訪問しました。Mr. Martinから生徒一人ひとりにレイとプレゼントが贈られました。各自,挨拶と自己紹介をした後,好きな科目と大学では何を勉強したいか質問され,生徒たちは英語でしっかりと答えました。

 メリノール・スクールのモットー,NOBLESSE OBLIGEとは,何かをたくさん持っている恵まれた人や才能のある人はそれを世の中に還元しなければならない義務があるという意味で,メリノール・スクールの生徒たちは常にその事を意識して学問に励んでいるというお話をしてくださいました。本校の生徒が将来,平和や教育などで社会に役に立ちたいと話した時,Mr. Martinは”That’s NOBLESSE OBLIGE.”と,共感してくださいました。その後,安芸府中高校の紹介をグループで行いました。また,校歌も全員で合唱しました。Mr. Martinや国際部主任のMs. Jennifer Tseuからも,生徒の英語やプレゼンテーションが,とてもすばらしいと褒めていただきました。

   

 学校に戻った後,世界史のMr. Kamiyaが担当されている2つのクラスで,プレゼンテーションをする機会をいただきました。生徒は昨日よりは慣れてきて,緊張が解け,笑顔やアイコンタクトも前よりは多く見られるようになりました。しかし,まだ観客を意識した発表に向けて改善の余地が残っています。

   
   

 明日,水曜日はフィールド・トリップでホノルル動物園へ見学に行きます。木曜日は最後のプレゼンテーションになります。日毎に工夫が見られ,だんだん改善されてきているので,発表が楽しみです。