平成26年度広島大学大学院留学生との国際交流会

 11月20日(木)14:20-16:10に安芸府中高校国際科1年生が,広島大学大学院で学んでいる3名の留学生の方と文化交流を行いました。今回お越しいただいたのは,Heng Boretさん(カンボジア),Ly Huaさん(中国),Mahhubさん(バングラディシュ)です。
まずは留学生の方からそれぞれの出身国のお国自慢,そして,それぞれの将来の夢について,写真やクイズなども交えながら,英語でプレゼンテーションをしていただきました。

   
 Heng Boretさん Ly Huaさん 
  
 Mahhubさん 

 休憩をはさみ,国際科1年生による日本文化のプレゼンテーションを行いました。プレゼンテーションでは,一人一人が興味のある日本文化を1つ選び,英語で説明をしました。生徒は,一か月以上前から原稿と,留学生の方が分かりやすいように写真や絵を工夫したポスターを用意しました。当日は,ポスターを見てもらいながら,紹介を行いました。生徒の中には数珠や笛などを持ってきて,実演をしている生徒もおり,留学生の方からも沢山質問をしていただきました。

 
   
   

 講師として,広島大学大学院国際協力研究科平川幸子准教授にお越しいただきました。平川准教授からは,数値データを示しながら,カンボジアにおける教育の現状について,生徒に分かりやすくプレゼンテーションをしていただきました。当たり前だと思っていた学校で学べることのありがたさを感じることができたようです。

   

 1年生は安芸府中高校で学び始めて,半年以上が過ぎ,後半戦となりました。1学期に行った英文の暗唱,夏休みに行ったサマーセミナー,そして今回の広島大学大学院生との交流会。個人内での活動から,相手とのコミュニケーションを図る機会が増えてきました。相手を意識しながら,英語で伝えることの難しさ,楽しさをそれぞれが体感しているようです。