メリノール便り
Day2 3月6日(木)



滞在2日目を迎えました。一晩,ぐっすり眠ったはずですが,生徒たちにはまだ少し疲れが残っている感じを受けました。
それぞれの家庭で過ごし,生活習慣や文化の違いに戸惑いもあったようですが,その経験がまさに勉強です。
メリノール高校では,1時間目の後に全員が中庭に集合し,"flag and prayer"の時間を持ちます。アメリカ国民としての,
カトリックの学校の一員としての気持ちを一つにする時間です。日本の全校集会のイメージですが,こちらではずいぶん
リラックスした雰囲気で進みます。



全校集会で。前列がそれぞれのホストシスター・ブラザ
ーです。

この日は,日本から来た私たちを温かく歓迎してくだ
さいました。昨日に引き続きレイをかけてもらい,本
校の生徒が一人ずつ自己紹介を英語ですると,歓声
があがります。嬉しいような恥ずかしいようなひと時で
した。

青い服の女性が校長先生です。グリーンのレイをかけ
た男性が副校長先生です。

その後,メリノール校の校長先生と副校長先生にお
会いし,ご挨拶をしました。心からの歓迎とともに一
人ずつ,紙袋一杯のプレゼントをいただきました。下
の画像は,その時に撮影してくださった写真をメリノ
ール校の校長先生がまとめてくださったものです。

きれいなレイアウトでまとめてくださいました。


2時間目は,学校の敷地を案内するツアーに連れて行っていただきました。いくつかのクラスに入り,コンピュータの授業で行っていることを説明してもらったり,歴史の先生は以前,日本でALTをされたことがあるということで,本校の生徒たちに英語で質問をしてくれました。
コンピュータの授業



体育館でバレーボール


さらに,学校のツアーは続き,体育館や礼拝堂などを見学させてもらいました。体育館に入ったときには,あっという間にメリノールの生徒がバレーボールを始め,本校の生徒たちもまざって,バレーを楽しみました。


メリノール生が日本語で自己紹介をしています。ちょっと緊張気味…


本校の生徒が英語で自己紹介…こちらも緊張気味ですね。


礼拝堂の中で記念撮影。ステンドグラスがきれいでした。

3時間目と4時間目は,日本語クラスで交流をしたり,ホストの生徒と一緒に授業を受けたりしました。日本語クラスでは,お互いの学習言語で自己紹介を行い,その後小グループで質問をしあったりしました。本校の生徒は折り紙を教えたり,メリノールの生徒たちの名前に漢字の当て字を教えてあげたりしました。


折鶴の作り方を教えました。


メリノール生の名前の漢字の当て字を教えています。

1時間が80分授業のメリノール校では,4コマで学校が終了します。放課後は,ホストファミリーと一緒に買い物に行ったり,食事をしたり,それぞれ楽しい時間を過ごしたようです。まだまだ緊張気味の生徒たちですが,今後の2週間での成長をご期待ください!