安芸府には「The AKIFU Spirit(安芸府魂)」という言葉があります。
安芸府スピリットとは「苦しさ辛さに耐え,新しい自分を創造する力」
− Do Your Best! Creative Power and New Challenge −です。

■安芸府はどういう学校なの?

・広島県立安芸府中高等学校は,昭和55(1980)年に開校しました。創立30年を経て新たなステップを進行中です。開校から今日に至るまで,県内初の男女ブレザー制服,ヘルメット着用指導,勤労体験学習,習熟度別授業,普通科英語類型から発展的に設置された国際科の様々な取り組み…と先進的な教育活動で,注目されてきました。既に卒業生は1万人を超え,多くの同窓生が各分野で活躍しています。
学校の沿革(略年表)

■安芸府の環境

・安芸府のある場所は,広島市内から宮島まで瀬戸内を見渡す高台にあります。自然豊かな環境にあり,勉強やクラブ活動にとって,とても恵まれた場所です。

・校門までには写真のような坂道があります。
・この坂道は,毎日の登校はもちろんのこと,各クラブのトレーニング,校内マラソン大会を通して,校訓の一つである「心身錬磨」とも結びつけられて語られるなど,安芸府の豊かな自然環境や景観と並んで,3年間の高校生活を語る上で思い出深い場所の一つになっています。

■安芸府のシンボル−銀杏<イチョウ>

・校門を入ると校舎までの登校路にイチョウ(銀杏)の木が植えられています。イチョウは安芸府のシンボルです。

・校章は,府中の「ふ」の字をイチョウの葉で図案化しています。

・安芸府の研究紀要集は,「公孫樹(イチョウの別名)」と言います。

・PTA新聞は,「銀杏(いちょう)」と言います。

・同窓会の愛称は,「銀杏会(ぎんきょうかい)」と言います。

■安芸府の校訓と校歌

・安芸府の校訓は,「自主自立」「好学愛知」「心身錬磨」です。

・この校訓は,校歌にうたい込まれています。校歌の歌詞は,開校初年度に国語の教諭であった二人の先生によって作詞されました。


※七五調のリズムを崩さないために「安芸府高」の略称が用いられたのですが,
以後この呼称−「安芸府・安芸府高」−がひんぱんに使われるようになりました。